読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nØzomyu’s day

流浪の四弦奏者のぞみュー♪魂のblog

仮説:本当に凄い奴は何をやっても凄いのか?

今朝は久々に寝汗をかくほどの夢を見て

うなされて目が覚めた。

 

だけど今日は、そんな夢の話ではない。

 

先月末だっけかな?今月の頭か。

 

久々にバンドでスカイプMTGやったときに

うちのヴォーカリストがいつの間にか

ギターを始めるプランを立てていることを知った。

 

そこに至るまでの経緯は謎だけど

バンド活動を継続するにあたり

自分でギターを弾けたほうが何かと都合が良い

という理由からのようだ。

 

「今amazonで探してるとこなの」

と、まさかの自力検索(!)に驚きを隠せず

 

思わず私の口をついた

「俺に聴けよ!」という台詞。

 

わたくしベーシストだけれど

ローティーンの頃からの筋金入りのバンドマンです。

 

ギターやドラムのこともそれなりに…

というか、一般人よりも遙かに知識はある。

 

てかさ

 

去年の貴女の誕生日

魂を込めて、ギターで歌をお届けしたじゃないですか~!

 

・・・ま、それは置いといて 笑

 

初めてだし低予算の入門セット(アンプやストラップ付きのもの)で

と検討してる様だけど

 

値段で選ぶのは非常に危険なのだよ。

 

というのも

ギターやベースって、安価なモデルでもピンきりなのね。。。

 

 

俺がその昔、歌舞伎ろっくすの傍ら

レンタルビデオ店で働いていた頃

 

その素性を知られた大学生のアルバイトくんに

「のぞみューさん、俺バンド始めようと思って最近ベース買ったんすよ!」

「のぞみューさんはプロなんですよね?今度持って来るので、弾き易くなるよう調整して貰えますか?」

 

その頃ってバンド4つくらい掛け持ちしてて面倒だったから

「そうゆう話はビールでも差し入れてくれたら考えるよ」

なんて、わざと横柄な態度に出た

 

その翌日

 

彼は缶ビールの6缶パック(発泡酒ではなく一番搾り)とベースを差し出し

「どうかこれでお願いします」

 

「畏まりました」

私は引き受けざるを得なかった訳だが

その時に預かったものが

 

作りが粗雑とかいう以前に

ベースの形をしてるだけの

最早楽器と呼べるようなシロモノではなかった。

 

作り手の愛が微塵も感じられない

単なる作業として組み立てられたもの。

 

それでもマイエナジードリンクを6本も戴いてしまったので

出来る限りの手は尽くしましたが

 

のぞみゅーベースクリニックに搬送された時点で

「お前はもう死んでいる」状態。

 

私個人的に、10万円以下のギターやベースは

ステージでは使いモノにならないと思っとりますが。。

 

まぁ俺も一番初めは5万円くらいで

セット一式のものを買ったこと思い出したから

 

ギターメーカーにだけは拘って

彼女の好みを聴きつつ

自分の感性、アタル式霊能力も駆使しつつ

探してみた。

 

そしたら

今って2万円以下で

ソフトケースやストラップはおろか

教則DVDや、デジタルチューナーまで付いてくるのね!

アンプに至っては、オーバードライヴ機能付きっていう。

 

俺が中二の頃はさ

セット内容が

ソノシート付きの教則本

チューナーではなく音叉だったよ。。

いくらなんでもアナログ過ぎだろ!www

 

と、時の流れを感じずにはいられない

俺にとっては、こんな風に昔の記憶が甦ったりしたけど

 

アイツにとっては、

今からギターを始めるだなんてこと

そもそも

人生の予定に組み込まれてはいなかったんじゃないのかな?

なんて。 

 

もしも2人あの日出逢わなければ

どんな今を過ごしてただろう~♪