読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

誓います

もう二度とスナック菓子は食べません。

 

・・・

 

高校生のとき離れて住んでいた弟が

停学処分で自宅謹慎となり、実家に戻って来ていて

 

「もうパチンコはしません」

 

そう綴っていた反省文を読んで、爆笑したこと思い出した。

 

いきなり脱線してしまったけど 汗

 

昨日コンビニでサラミスティックを買ったつもりが

サラミ風味の擬似的なやつだった。

 

これじゃない感が半端なかったけれど

仕方ないので食べるよね。

 

ここ何年もスナック菓子食べようって氣にはならなくて

コンビニでもスルーだったのが

 

お菓子んとこではなく

おつまみのコーナーに置いてあったもんだから。。

 

あ、好きなお菓子もある。

 

私の地元北海道銘菓は、本当に美味しいものが多いですね。

うなぎパイは大好き♡だし

冬になると、何故かセブンのピーナッツチョコが食べたくなるし。

 

で、昨夜食べたやつ

味は美味くもなく不味くもなくって感じだったのだけど

 

朝起きると、二日酔いに近い感じで体調が悪くなっていた。

 

大型連休前なのに、仕事休もうかと思ったもん!苦笑

 

もう体が受け付けないっぽい。

 

そういえば昔、関根勤がTVで

 

「ケンタに嵌り過ぎて毎日食べ続けてたら

ある日突然食べられなくなった」

 

「何年か置いてみたけどやっぱり駄目で

自分はケンタを一生分食べきったんだ」

 

なんてこと言ってたな。

 

中学・高校の頃って

毎日の様にポテチ食べてコーラ飲んでたな。

 

それでも今より痩せていたのは、若さ故の代謝の良さと

体育の授業で強制的に運動させられていたお蔭なのだろうか?

 

ま、それは置いといて

そこそこ生きていると

 

食べられなくなるものと

食べられるようになるものがあるよね。

 

俺はウニが大嫌いで…

でも大人になれば食べられるのではないかと

どこかで思っていて

 

30歳くらいの頃に帰省したとき

知床でも群を抜いて美味いと評判のお寿司屋さんで

ウニを注文してみた。

 

そこで一口食べ、残りは弟にあげた。

この先一生

ウニを口にすることはないだろうと確信した瞬間だった。

 

子供の頃は煮た大根の歯触りが凄く嫌だったけど

今は凄く好き。

 

オクラも、子供が好きな味ではないような氣がしますねー。

 

話が飛び飛びだけど

 

食べものって凄く大事だね。

食べもののチョイスを誤ると自分の身体を痛める。

 

テキトーなもの食べてたら

自分の身体を雑に扱うことと一緒だもんな。

 

いつだったか

 

「最近髪の毛がパサつくんだよね、シャンプー変えようかな?」

なんて話したら

 

「それ食べものの所為やで!」って

りん子先生に云われたな。