さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

赤毛の変な頭の中まで誰に分かってくれとは言わない

来週健康診断だってよ

 

血抜かれるの嫌だな・・・

てか注射キライ >_<

 

昨日は参加してる二つのLINEグループで

動きがあったんだけど

 

一つのグループに

オトメンモードでレス入れたら

また全員をドン引かせてしまったよ。。。

 

もういいや

これから先も俺は

あんなキャラでやってくことにするw

 

もう一つのグループでは

ちょっと静寂を破りたくてメッセージを投下したけど

そっちはイイ感じに暖まった(と思われる)

 

ブログのテンションそのままだったので

若干やり過ぎの感は否めなかったが 汗

 

後者のグループってのは

11月11日のきょんきょん祭り(22曲ライヴ)に向けて

新規で作られたものなんだけど

 

俺は今その下準備

カバーする曲のオリジナル音源を集めてる最中で

 

昨日はブクオフで

プリプリのブレイク前のアルバムを見つけ

 

amazonからはコチラが届いた

 

中森明菜 スーパー・ベスト

中森明菜 スーパー・ベスト

 

この中から5曲

 

中森明菜はベスト盤がいっぱい出てるので

「禁句」っていう

好きな曲が入ってる理由から

このアルバムを選んだのだが

 

「fin」と「サンドベージュ」も聴きたかったな

「ジプシークイーン」を聴くと岡田有希子を思い出す

 

と、そんな自分は

意外と中森明菜が好きだったんだな

そう知った

 

で、小学生の頃に流行っていた曲を

大人になった自分が

こんなに真剣になって

耳を傾けることになるとはな

 

この時代って

今の時代もソロアーティストは大抵そうだろうけど

スタジオミュージシャンがオケを演奏してて

 

それって物凄く演奏能力が高いのね

平たく云うと上手いってことなんだけど

 

そのプレイを聴いて

果たして自分はどこまで

その曲の持つ世界観を再現出来るかなって

 

今更ながら

エライもん引き受けちまったなと

 

もひとつ氣が付いたのが

曲の要所となるポイントを

リズムパターンやベースラインで記憶していたこと

 

小学生時分の俺には

ベーシストになろうなんて発想

微塵もなかった

 

それなのに

 

子供ん時から曲中のリズム隊を

無意識に聴いていたなんて

 

もうその時点で

将来やること決まってる

よね

だよね

 

小学校の六年間は

エレクトーン教室に通わされてたから

 

バンドやるなら

ベースではなくキーボードであれば

すぐにでも出来たのに

 

それはだけはどうしても

やる氣にならんかった

 

当時は超速で弾けた

「ネコ踏んじゃった」はおろか

今やCのコード(ド・ミ・ソ)

それしか憶えてない

 

そんなもんだよね

 

だけど楽器は

演奏出来るものが多いほど

楽しいよな、なんて思ったりもする

 

とりあえずは近日中に

ギター弾いてと頼まれた曲を仕上げるね。