さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

ヴォルテージは最高潮ずっと離れられない

非日常の空間から

こうして現実に帰って来て

 

またいつもの月曜日という

日常が繰り返されるけど

 

筋肉痛になることもなく

頭の中も割とスッキリしている

 

やっぱり瞑想はおすすめするし

常日頃から身体は鍛えておいたほうがいいよ

 

時間が経つに連れ

記憶も薄まって行くので

 

土曜日のダイジェスト

一氣に行きます

 

先ずは対バンのliberty(asレベッカ)

というか、きょん様ね

 

ここでもちらっと書いた氣がするけど

 

つい先日

大切な友人を亡くされて

そのはなむけにと歌ったmaybe tomorrow

 

これね、マジでヤバかった

 

メイクを終えてから客席で聴いてたけど

 

すっぴんで観ていたら

間違いなく泣いてたね

 

アイラインはドーラン使ってるし

マスカラはウォータープルーフだから

汗や泪には強いんだけども

 

11月にはステージで隣りに立つことになるけど

あんな素敵なヴォーカリストと御一緒出来るなんて

光栄だね

 

きっちり磨きをかけて

仕上げとくよ

 

f:id:nozomyu:20170723211739j:image

そんなきょん様が撮ってくれた一枚

ライヴ直前のuguisu_the himurocks

意図せずセンターを陣取ってしまった俺様です

 

続くブルーハーツ

会場の盛り上がりを目の当たりにして

 

やっぱりあの時代の音楽は

物凄いパワー持ってるなって

 

そんな時代に生まれて来られて

本当によかったと思った

 

プリプリは楽屋で聴いてたけど

一緒に歌っちゃうもんね自然と

 

今回のイベントのトリとして

満を持して俺たちが登場するのだけど

 

BOØWYってのはやっぱり

80年代バンドブームの中でも

最高峰だと思うのね

 

で、ヴォーカルのうぐいすがさ

 

普段は結構ぼけぼけしてて

俺はそれを敢えて突っ込まずに

見守って楽しんでたりするけど(●´艸`)

 

一たびステージに降り立つと

まぁー神憑るんだわ

 

こいつヒムロック本人なんじゃねーのか?ってくらい

なりきっててマジびびる

 

客席は殆どあいつしか観てないからね

悔しいけど

 

ここからちょっと真面目に話すよ

 

ライヴが盛り上がるのって

凄く嬉しいしヤり甲斐がある

 

なんだけど

 

今回のそれは

コピーバンドに特化したイベントだからな訳で

 

これが自分たちのオリジナル楽曲だったら

どんなに素晴らしいことだろう

 

そんな思いを

俺は正直持った

 

BOØWYヒムロックも本当に好きだよ

 

だけど自分自身の

いちベーシストとしての立ち位置としては

どうなんだろって

 

今は恋人も居て幸せだし

音楽活動も充実してるけど

 

何かを達成するとすぐさま

またその先の課題が視えて来る

 

現状に甘んじぬよう

意図的に自分を奮い立たせる為

 

そんな理由からでもなく

至極自然に

 

もう所謂

階段の踊り場現象にはヤられないけども

 

昨夜ね「バンドマンが如何に貧困か」ってブログ記事を

たまたま見つけたので読んでみたけど

 

マチュアとプロの垣根みたいなところに

何があるんだろうと考えたりした

 

もうばりばりプロ目指してますって感じじゃないけど

 

俺はいくらお金がなくっても

音楽だけは絶対にやめないだろう

 

それだけは

 

一生守ると決めた

自分との約束だから。