さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

いくら手をのばしても かげろうのようね

部屋のカーテンを閉めて寝ると

よく眠れることに

つい最近氣が付きました

 

ただ、目覚まし時計を止めたならば

すぐさまカーテン開けに行かないと

二度寝のリスクを伴いますね

 

冬場は特に危険かも知れません

 

曇り空の日が眠いのは私だけ?

 

 

昨日ブログニッカー(らいりさんの造語を拝借w)していると

 

思わぬところに

私宛のメッセージを見つけ

 

まったりと過ごしていた

午後のひととき(就業中だったけど)

 

一氣に目が冴えた

 

hicetnunc-ost.hatenablog.com

 

元はと云えば

天音さんがライヴデビューすると訊いて

俺もフツーに観に行くつもりだった

 

だけどまぁ

折角の初ステージだし

そこに何かしら花を添えられないかと考えて…

 

そうすると、俺はベーシストだから

 

「何なら隣りでベース弾きまっせ」

 

ノリでコメントを入れた経緯があり

それが現実化することと相成った

 

という訳で

10月22日

夜の銀座でベースを奏でます☆

 

・・・文字だけで見ると

タキシード姿でウッドベース弾いてそうw

 

 

youtubeを観ていると

 

地味な楽器ながらも

bassというカテゴリーだけで

ごまんと動画が出て来るけど

 

最近はrizeのケンケンって人が

有名なようですね

 

その人の動画幾つか観てみましたけど

バンドのいちベーシストというよりかは

ベース職人といった印象を受けた

 

名だたるドラマーと即興演奏でバトってたりね

 

腕におぼえのある人は

そっちに走るのかな

 

ミュージシャンとして

ベーシストが食べて行くには

 

そういった汎用力や多様さ

タレント性も要求されている時代なのでしょう

 

ベースっていうのは

四弦の楽器なんですけど(念のため)

五弦や六弦のモデルも市販されてはいます

 

それでも飽き足らない人たちが

七弦やそれ以上の多弦ベースをオーダーメイドして

 

それをリハーサルスタジオで披露し合う

ベーシストのオフ会

 

そんな動画もあって

正直ドン引きしてしまったけど

 

f:id:nozomyu:20170830155513j:plain

 

そもそも

 

『自分は何故ベースをやっているのか?』

 

というそのテーマに

立ち返えってみるキッカケとなった

 

春ごろ知り合った人に

「ベーシストならこれを聴け!」と

kageroというグループを教えて戴いた

 

聴いてみると

 

中々面白い良いし

こうゆう音楽もあるのだなー

みたくは感じたけど

 

それ以上でも以下でもなかったな


色々出来れば楽しいとは思うけどさ

 

超絶なテクニックとか

即興でプレイとか

 

そもそも

インストゥルメンタルには

あまり興味が持てないし

 

そこは全然目指してない

 

自分が好きなのは

歌モノのロックだし

 

ヴォーカリストが歌い易いように

いかにアシスト出来るか

 

それと

 

ベースならではの

きらりと光ったフレーズを

さりげなく繰り出すこと

 

俺はこれからも

そこに特化してやって行こうと思った

 

もっともっと上手くなってやるとは

常々考えているので

 

そうするけどね。