さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

もう一度行きたいといつも話してた

昨夜は突然大雨が降り出した

 

いつもとパターンを変えて

早めの時間帯にwalkingに出掛けたから

濡れずに済んだけど

 

そのとき丁度

部屋で練習第二部wの真っ只中で

 

世界でいちばん熱い夏~ラストの

19 growing upまでの僅かな曲間に

物凄い雨音が聴こえて来たから

 

慌てて干しっ放しの洗濯物を

ベランダから引き入れた

 

奇跡的にほぼ無傷の状態で取り込めたのが

幸いだったな

 

【まだだ、まだ終らんよ_①】#レッドウォーリアーズ #ルシアンヒルの上で #ベース #bass #nØzomyu #のぞみュー #乙夢

 

久々のこのコーナー

 

てかまさか

またやることになるとは思わなかったw

 

やらなくても一向に構わないのだけれどwww

 

この曲は

弾いたことがないにも関わらず

 

ベースラインで憶えているような

そんな節があったし

 

レッズのベースは

アルバム3枚目まで

色々コピーした経験があったので

 

そのときの勘で感覚的に出来た

 

なので所要時間は

ものの一時間ほどですかね

 

ただこれ

あくまでもバンドサウンド用のアレンジ

 

今回は

ヴォーカルとベースのみの絡みなので

 

イントロや間奏・アウトロは

ギターに寄せてアレンジしなくてはいけない

 

かっこよく仕上げねば ( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

 

 

俺が本格的にベースを始めたのは

BOØWYのコピーからなんだけど

 

それはとても

シンプルなラインだったので

 

その次にコピーしたレッズは

少々複雑に感じた

 

音数的には

イエローモンキーの方が多いと思うけど

 

その中間くらいが

ZIGGYかな

 

何れも好きなベースだけど

 

X(エックス)は速くて細かいフレージングだったから

あまり真剣には取り組まなかったな

 

スラッシュメタルのバンドを

やろうとは思わなかったし

必要性を感じなかったからかも知れないけど

 

あ、でもカブキロックスに入った当初の音楽性が

結構なハードロック寄りだったので

 

Xもちょっとやっといて良かったなと

思ったことはある

 

その当時のギターが坂川さんって人で

イカ天でベストギタリスト賞を獲るような

そんなプレイヤーだったし

 

バンドのサウンド面は

坂川さんが主にプロデュースしてたけど

 

彼には

「ベースは断固8ビートのダウンピッキング

そんな持論があり

 

BOØWYが入り口でベースやって来たこと

ここに来て凄く役立ったと思えたな

 

顔を白く塗ることが

音楽を演る上で

必要な経験だったのかは謎だけどw

 

去年から再び音楽活動し始めて

特に今年に入ってからは

 

中学高校の頃に一生懸命

夢中になって弾いていた

 

そんな曲たちをまた

披露することになるなんてね

 

でも実は

中学高校の頃は

あまりバンドに恵まれておらず

 

ライヴ自体は

それほど出来なかったから

 

もうすっかり

年齢的にはいいオトナになった現在

 

その熱かった想いが

今頃になって開花しているみたいで

 

なんだか人生ってのは

 

先が読めないほど

面白いものなのだな。