さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

自分だけのstory作りながら生きてくの

怪しいパフォーマンス向上グッズ

通称「結界くん」を、家に忘れて来てしまいました

 

アルミテープで作った簡易的なやつは

パーテーションの四隅に貼ってあるけどね

 

確か、過去記事に書いた筈だと思うんだけど…

 

もしかすると

アメブロのほうだっけかな?

 

見つけられなかったので

かんたんな説明入れながら書きますね

 

年に一・二度行われる

セミ女子会というイベントがありまして

 

まぁ呑みなんですけど

 

何故「セミ女子会」なのかと云うと

酒豪女子3人+オトメンのぞみューの

4人の会だからなのですね

 

女子3人のうち2人(345さん・iさん)は

今も同じ職場で働く仲間で

 

もう1人は元同僚の

俺と同期入社だった(こゆりん)なのですが

 

この会を開催すると

 

ほぼほぼ

かなりの確率で

 

俺が泣かされますwww

 

会社主催の飲み会は

時間とお金を無駄にするだけなので

まず参加することはありませんが

 

ことセミ女に関しては

楽しみなイベントの一つです

 

幹事いっつも俺だけどなw

 

f:id:nozomyu:20170922122024j:plain

 

セミ女には

LINEのチャットグループがあります

 

メンバーのiさんとは

facebookでも繋がっており

 

以前、fbの交際ステータスを更新したときに

俺に彼女が出来た事実が知られ

グループチャットが賑わったことがありました

 

次回セミ女が催される暁には

質問攻めに遭うことは必至ですが

 

俺の彼女情報はまだ

セミ女メンバーに

殆ど渡しておりません

 

昨日、電話応対に少し疲れたもので

休憩室でひと休みしていたところ

 

メンバーの345さんが入って来ました

 

元氣がなさそうに見えたのか

 

「なになに?戀の悩み?」

 

そう声を掛けられます

 

の:「違いますよ!昨日は一緒に中本行きましたもん♪」

 

3:「へーそうなんだ、彼女も辛い物が好きなの?」

 

の:「全然www」

 

3:「・・・振られるな」

 

そう云い残し

345さんは去って行きました

 

そして345さんと入れ替わりで

今度はもう一人のセミ女メンバー

 

iさんが入って来ました

 

何なの、このnazoのタイミング!笑

 

iさんは

蒙古タンメンに興味津々

川越店にて中本デビューを目論んでいるので

 

早速、私は話し掛けた 

 

「中本行って来ましたよ、彼女と一緒に♪」

 

i:「そうなのですね!彼女さんも辛いの大丈夫なんですか?」

 

の:「全然www」

 

i:「・・・次に呑むときまでは、別れないで居てくださいね」

 

そう云い残し

iさんは去って行く…

 

と、思いきや

 

「あ、別れたら別れたで、それもネタになりますよねー( *´艸`)クスクス」

 

追い打ちを掛けられる。。。

 

こうして

 

私の中には

彼女に対する「申し訳なかったな」という

そんな氣持ちが湧いて来た

 

『今夜電話で謝ろう』

 

そう心に誓い

いつもの時刻に

iphoneを鳴らす

 

・・・・・

 

昨夜は彼女

電話に出ませんでした。