さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

覚悟を決めて言うぜ

昨日の記事タイトルは

journeyというグループの

separate waysという曲から引用したのですが

 

それを付けるにあたって

歌詞の和訳を調べてみると

 

曲調にそぐわない

めっちゃ女々しい歌というか

 

未練たらたらなlove songだったことを知り

軽く引いた のぞみューですが

 

本日のタイトルは

暴某グループの

 

worst 10に入る

たった一度のlove songという歌の

歌詞の一部です

 

今日の記事は

軽く1000文字超えると思うので

2000文字目安で書きますが

 

それすら超えるようであれば

二回に分けたいと思います

 

それでは

 

とびっきりのやつ贈るぞ!

 

きっかけはコチラ

gemrock.hatenablog.com
もし玄さんが

BOØWY songs best 10の記事を書くのならば

 

俺もそれに続くと

男と男の約束を交わしました 笑

 

今日はその約束を果たすべく

my BOØWY songs 10選をお送りします

 

「best 10」ではなく「10選」なのは

 

10曲に絞れなかったからです

 

俺も玄さん同様

不動の上位5曲はすぐに浮かんだのですが

 

残りの5曲を捻り出すため

1stアルバムの「moral」から

ラストの「psychopath」まで順に

 

脳内で再生させながら

メモを取りました

 

こうして15曲の候補があぶり出され

そこから更に5曲に絞ろうと考えましたが

無理でしたwww

 

長い間聴いて来たバンドの曲なので

その時々のシーンで思い出があるし…

 

えっと、一応自己紹介というか

私のspecを簡潔に晒します

 

この記事で初めて

このブログを知る方も

いらっしゃると思うので

 

常連の方たちは

おさらいってことで 笑

 

俺がBOØWYを知ったのは

中学の頃にラジオで聴いて

 

86年にリアルタイムでですね

 

ってことで年齢は

BOØWYリスペクターの

GLAYなんかと一緒です

 

以来完全にロックに目覚め

ベースという楽器に真剣に取り組み

 

プロミュージシャンを志し

高校卒業と同時に上京

 

メジャーデビューこそ叶いませんでしたが

 

アルバムとDVDを一枚づつ

インディレーベルより

リリースすることが出来ました

 

紆余曲折を経て、去年から再び

 

氷室京介+BOØWYコピーバンド

音楽活動をして居ります

 

まぁ俺の生き方を決定付けたのが

「それがBOØWYサ」と云えるかと

 

そんな私が選んだ10曲を

これよりご紹介致しますね

 

f:id:nozomyu:20171012094716j:plain

違和感?んなこたぁない!

 

前述の通り

 

10曲中半分の5曲は

ランキングに関して順不同

 

自分が好きな楽曲の中で

今回レビューしたいものをチョイスしました

 

先ずはこの曲

 

"16"

 

シックスティーン

初めて私がコレを聴いたのは

タイトルと同じく16歳のとき

 

オリジナルアルバムには収録されておりませんが

(再発盤「BOØWY+1」にはボーナストラックとして収録)

 

元々はシングル

ホンキートンキークレイジーのカップリング

 

というか

B面wの曲でした

 

BOØWYのベースラインって

シンプルというか地味なんですけど

 

この曲では唯一と云っても良い

ベースの見せ場(しかも二回)があります

 

BOØWY時代には

二度ほどしかライヴで披露されなかったようですが

 

2011年以降

ヒムロックのライヴでは度々演奏されました

 


BOØWY "16"(デモ音源)

 

DAKARA

 

清涼飲料水じゃないです(現在も売っているのかな?)

 

BOØWYの解散後

1stアルバムに、未発表の3曲を追加した

「moral+3」がリリースされたのですが

 

そときに陽の目を見た曲です

 

BOØWYってデビュー当時は6人編成で

その中にサックスプレイヤー(深沢和明)も居たのですが

 

深沢が在籍した1stアルバムの中でも

mass ageという一曲でしか

そのプレイを聴くことは出来ません

 

この曲では全面的にフィーチャーされ

間奏もギターではなく

サックスがソロを取っています

 

最初にお蔵入りにならなければ

もっとバンドの人氣曲になったことでしょう

 


BOØWY DAKARA

 

ライアーガール

 

あ、松田翔太戸田恵梨香のこと

思い出すのやめてもらっていいですか?

「ゲーム」じゃなくって「ガール」です ( *´艸`)

 

ラストアルバムの一曲目

イントロのシンセサイザーの音色に

ときめきますね

 

BOØWYの新譜が発売されるってんで

発売日前日にそっこーフラゲして

 

プリプリのダイアモンドじゃないけれど

ターンテーブルに乗せたときの

 

針がおりる瞬間の胸の鼓動が

今も焼きついています

 

イントロⅡとソロ明けの

半音づつ下がるベースが心地よい

 


BOØWY 1224 LIAR GIRL

 

ティーンエイジ・エモーション

 

2ndアルバム「インスタントラヴ」収録曲

 

ティーンエイジ~

からの

ロンドン!

 

・・・いいのです

分かる人に分かれば

 

続けて演奏しちゃいますねー

てかロンドンゲームとセットですよね、コレ

 

初の武道館GIGのときは

こちらだけ単品で演奏されたみたいだけど

 

この曲はBOØWYには珍しく

ベースが超忙しい 汗

 

3枚目で佐久間正英がプロデュースして以来

ベースはルート弾きが基本形になりましたけど

 

初期は結構フレーズが動いていましたね

「moral」のゲリラなんかも運指が大変だったな

 


BOØWY TEENAGE EMOTION~LONDON GAME

 

ワーキングマン

 

行こうみんなで♪

…って、それは「ワークマン」

吉幾三かよ

 

ラジオからBOØWYが流れた翌日

 

そのときのニューシングルを

町に一軒しかない

レコード店に買いに行ったのですが

 

B面にはコレが入ってました

 

氷室さん曰く

「思いっきりブッチギレるやつ」です

 

この曲には

ベースソロがあります

 

ベースのみのソロなのに

単音でルート弾き

 

2弦の開放を使って

Dの音を

 

八分音符で

黙々と刻みます・・・

 

なんという斬新さ!!www

 

ですが

その後の展開はカッコイイです

 

ベースにドラムが重なり

 

やがてその場で

布袋のクレイジーギターが

唸るという

 

BOØWYの後期では

この曲とB・BLUE

たて続けに演奏されることもありましたが

 

そのメドレー形式のverだと

演奏にやっつけ感を感じて

俺はあまり好きじゃない

 


BOØWY WORKING MAN〜B・ BLUE

 

・・・

 

といった感じで、やはり

2000文字超えちゃいましたね

 

続きは次回の後編にて☆

 

この記事創るの

結構な労力だったけれど

 

好きなことを語るのは

 

やっぱり楽しい。