さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

怒りの拳を振り上げた事もある

許せない話

 

うちの職場に

12月で退職する

でっかいお腹の妊婦さんが居て

 

その子の隣りの席が

小太りのおっさんなんだけどさ

 

俺は別に、そのおっさんのこと

好きでも嫌いでもないんだけど

 

おっさん、ここんとこ

ずっと咳き込んでるんだわ

 

マスクもせずに

 

まぁ妊婦の子は

お腹が目立つようになってからは

自らマスク着用してるんだけど

 

それフツーに嫌じゃん?

 

で、心優しきキム姉が、見かねて

部署の教育担当(アッコさん)に頼んで

本人にやんわり伝えて貰ったらしいんだけど

 

おっさんはひと言

 

「大丈夫です」

 

それだけだったって

 

てか

 

おめぇのことじゃねーよ!

 

それで今度は

 

kマネージャー(めっちゃダンディ)が

おっさんとこ来て

 

「風邪なのか?」

 

って訊いたのね

 

おっさんは

どうやらアレルギーらしいんだけど

 

「隣りは妊婦さんなんだしさ…」

 

ダンディさんが

そうやってマスクをするよう促したら

 

おっさん

 

「いや別に人にうつるものでもないんで」

 

はっ!?

 

この耳を疑ったよ

 

俺は自分が

割と穏やかな性格だと思ってるけど

 

その瞬間

もんのすげー

怒りが込み上げて来た

 

自分さえよければいいのかよ!!

 

f:id:nozomyu:20171108093856j:plain

 

氣付いたら

そいつのこと睨みつづけてた

 

まぁ私の場合

 

阿修羅面で例えるなら

「怒り」よりも

「冷血」っぽい顔してますけどね

 

ってこれ昨日の話なんだけど

 

今日出勤してもさ

 

またおっさん

ゲホゲホやってるの

 

マスクもせずに

 

〇ねばいいのに・・・

 

こんなブラックな感情出て来るの

嫌なんですけどーーー

 

ちょっと俺が

おっさんの胸ぐら掴んでる

 

そんな画が浮かんで来たりもするし

 

かつて自分が

喫煙者だった頃

 

マナーなんてもの

まるで無視みたいなこと

してたりもした

 

あれがどれだけ周りを

不快にさせていたことか

 

それが身に沁みますね

 

 

いま沖縄の販売店から電話が来たんだけど

保留音がオレンジレンジだった

 

別に好きな歌ではなかったけれど

ちょっと氣が紛れたよ

 

 

おっさん静かになったと思ったら

 

居眠りしてやがる

 

…クソだな

 

自分が好きな人間だけで

周りを固めることは出来ないし

 

好きな人間にだって

好きだとは思えないようなところも

きっとあるでしょう

 

だけど俺はせめて

 

「俺はこうゆう人間だ」って

 

開き直ってではなく

胸張って云えるように

 

そんな風に生きたい

 

反面教師も必要だろう

 

人は人間関係の中でしか

学べないからね

 

と、こんな

嫌なことばかり考えていても

仕方がないから

 

氣持ちを切り替えよう

 

あと3回寝たら

もうライヴだし

 

どうでもいい奴に

大事な時間を奪われちゃってるほど

俺は暇じゃない

 

今日はこんなだったけど

 

今日もみんなのブログに

パワーを貰いに行くね

 

そんな仲間が居るって

素敵やん゚+.(o´∪`o)゚+.゚

 

あぁもっと俺は

優しい人間になりたい。