さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

この声が聞こえますか?

音楽って

どんなときに聴きますか?

 

ウォーキングやランニング

ドライヴのおともに

 

何かしら作業する際の

バックグラウンドなどにでしょうか

 

因みに私

ブログを書くときは無音で派です

 

って、8割がた職場で書いてますけど 笑

 

家で書くときにも

音楽はかけません

 

端くれミュージシャンとしては

コピーバンドでライヴを行うために

 

曲の構成とベースラインを憶える

そんな目的で音楽を聴くこともあります

 

これには10代の頃から取り組んでいるので

 

初めての曲を耳にすると

ベースとドラムの

リズム隊から聴いてしまいます

 

これは矯正不能な癖と云うか

不治の病みたいなものですね

(「職業病」と云い切りたいところではあります…)

 

私は昔

相川七瀬が大好きだったんですけど

 

10年前にリリースしたアルバムと

それを受けてのライヴを観に行って以来

 

思うところがあり

疎遠となりました

 

所有していたCDも

数枚売り払い

 

以降リリースされた作品は

 

一応試聴はしましたが

購入には至りませんでした

 

相川七瀬は3年前に

【夢見る少女じゃいられない】

でデビューしてから

目出度く20周年を迎えました

 

その記念に発売された

【満月にshout!】

というシングルがなかなか良かったので

 

翌年発売された

フルアルバムの購入に踏み切ったのですが…

NOW OR NEVER(DVD付)

NOW OR NEVER(DVD付)

 

かなり私好みのサウンドに戻ってました! 

 

そしてつい先日

またしてもニューアルバムが発売されることを

たまたま知りました

 

何故か発売前日に

新品がヤフオクに出品されていたので

 

そちらに入札してみたところ

ラッキーにも開始価格で落札☆彡

 

定価より

1000円も安くゲット出来ました(・∀・)

 

昨日の夕方

自宅ポストに届いていたので

 

お風呂に入った後

聴いてみました

ROCK GOES ON

ROCK GOES ON

 

もうサイコーです

 

今作ではチューニングも下がり

かつてない骨太のサウンドに仕上がってます

 

余は大満足じゃ 笑

 

ポップスへの路線変更だの

バンド名義で活動するだの

 

そんな試行錯誤など

貴女には要らなかった

 

やっぱり七瀬は

ハードロック歌ってナンボ!でしょ 

 

久々に歌詞カードを見ながら

がっつり真剣に聴きました

 

てか

こんな風に音楽を聴いたのは久しぶりです

 

所謂売れていた頃の七瀬って

【恋心】や【sweet emotion】も

 

リズムトラックが全部打ち込みで

人工的な噓くさい音だったんです

 

これは彼女のプロデューサーだった織田哲郎

わざとそうしたみたいですけど

 

直近の二作では

人間が演奏しているものもあれば

依然として機械の音もあります

 

だけどそれが

 

一聴しただけでは

打ち込みによるものだと氣付かないような

より本物の楽器に近い音質なんですね

 

20年分の進化を感じます

 

そしてやっぱり

近年の作品の中ででも

 

どこか光るような歌は

織田哲郎が作ってます

 

これは流石の一言です

 

この最新作があまりにも素晴らしかったので

 

もしかして私の中の

七瀬の最高傑作が更新されたかなと

 

そう思い

過去の作品も聴いてみました

7 Seven (DVD付き初回限定盤) (CCCD)

7 Seven (DVD付き初回限定盤) (CCCD)

 

うん、やっぱ今聴いても

コレが一番だな

 

BOØWYの【beat emotion】が

今まで最も聴いたアルバムですが

 

二番目はこのアルバムです

 

七瀬を聴かなくなった時期と重なるように

 

superflyをよく聴くようになりましたけど

 

今回改めて

 

私の永遠不変のロックディーヴァは

相川七瀬であると実感しました

 

どうしようもなく好きな歌声と云うか

性感帯を衝かれるような感覚ですかね

 

f:id:nozomyu:20180702100029j:plain

 

売れている音楽が

良い音楽だとは限らない。