さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

また春に会いましょう

日曜日は比較的

ブログへのアクセスが

少ない傾向にあるので

 

賞味期限切れの

バターサンドでも頬張りつつ

ゆる~く行きます

 

昨日のディズニシーの

つづきと云うよりかは

 

別アングル的な

ヴァージョン違いのやつを

 

今回は

某家族からのお誘いを受けて

私も同行した訳ですが

 

子供の引き寄せ力ってのは

凄いよなーって話

 

f:id:nozomyu:20180422111948j:plain

 

もうすぐ3歳になる

anちゃんは人見知り

 

その容姿を褒められようとも

知らない人からであれば

 

媚びることなく

無視します

 

私とは

近所のスーパーで

何度も遭遇しているし

 

名前も憶えているようですが…

 

てか今回は

anちゃんより

直々のご指名ってことだったんですけど

 

挨拶しても

まだ一度も返してくれたことはありません

 

バイバイすると

距離感がリセットされてしまうのでしょうか?

 

まぁこれには別に

良いも惡いもないですし

 

彼女の個性ってことで

私は理解しております

 

保育園では

自己主張をあまりしない

おとなしい子供らしいのですが

 

こと

自分のお母さんの前となると

一切の遠慮はありません

 

お母さんと一緒に

トイレに行った帰りに

 

anちゃんは嬉しそうに

シェリーメイのぬいぐるみを抱えて

帰って来ました

 

途中にあった売店で見つけると

抱えたままレジに直行し

係のお姉さんに「はい」と渡したそうです

 

これには

お母さん回避の術なし

 

そしてこのあと

ある事件が起きます

 

メリーゴーラウンドに乗ったときです

 

回転が止まり

出口へと歩き出した帰り際

 

anちゃんはそこに

赤いベンチを見つけました

 

そして

馬ではなくベンチに乗りたかったと

その場で大号泣

 

どうしても諦めたくない様子なので

再度アトラクション待ちの列に並び直しです

 

メリーゴーラウンド内に

ベンチは二機

 

次の順が廻って来ましたが

今度はそこに

別の人たちが先に座ってしまいました

 

anちゃん再び号泣

 

他の馬には

絶対に乗ろうとしません

 

事情を係員さんに説明すると

次回待機ゾーンの先頭に入れて貰えました

 

anちゃんの目は

眩しいほどキラキラと輝いています

 

そしてゲートが開いた瞬間

anさん猛ダッシュ

 

「anちゃん、そっちじゃないよー」

逆方向に走り出したanさんを呼び戻し

 

今度は無事

赤いベンチに座ることが出来ました

 

f:id:nozomyu:20180422111359j:image

 

自分の好きなことを

素直に心から求め続ければ

理想の現実は手に入る

 

今回彼女の言動から

私はそう学びました

 

これって

私たち大人にも

応用できると思うんですよね

 

当然ですが

anさんと同じ手法では駄目ですけど 笑

 

好きなものごとに

とことんフォーカスし

 

それを発信していれば

 

勝手に周りが

そうゆう環境になる

 

これってとてもシンプルな

法則のような氣がするのです

 

大人になる度

 

本当は要らない情報や

どうでもいいような事象に

 

注意を向けてしまいがち

 

だからどんどん

景色が曇っちゃって

 

真意が視えにくく

なっているのではないでしょうか?

 

anさん

素敵なひとときをありがとう

 

自分自身を管理して

心の純度は上げて生きよう

 

そう私は思ったのです。