さよならはいわない。

i will never say good-bye,my love

コンパスは my soul

今日はちょっとゆるめに行きます

 

てか朝一から恐ろしく激務です 汗

 

やっと書き始められましたが

もうすぐお昼休み

食堂へ向かう時間になりつつあります

 

土日の休みを

怠惰に過ごした所為で

身体がリセットされ過ぎちゃったかな

 

独り暮らしなもんだから

殆ど喋らないので

休み明けは声が出にくいし

 

電話に出る仕事なのにね

 

電話と云えば

昨日少しだけ

電話で話したのだけれど

 

丁度通話を終えた時刻が

15時ちょっと前で

 

7年前の

あの日のことを思い出しました

 

14時46分には

黙祷し忘れたので

からしましたけど

 

…あの日も普通に

仕事で電話に出ていて

 

自力で回答出来ないような

ちょっと難しい内容の質問が来たので

 

通話を保留して

詳しい人(ガリガリ君)に

訊きに行ったときだった

 

40になる手前だったけど

 

生まれて初めて

身の危険を感じるほどの

怖ろしい揺れだった

 

揺れが治まり

自分の席に戻ったら

 

保留中の通話は

既に切断されていて

 

電話番号が通知さていたから

同県の販売店からの入電だったのは判ったけど

(当時まだ私は販売店専任ではなかった)

 

先方が販売店名を名乗っていたら

一応架け直してみようと思って

 

その通話の録音を聴いてみたら

店の名乗りはなかったけど

 

保留中のマイクが

悲鳴を拾っていた

 

その後すぐに

この日の業務は終了となり

帰宅することに

 

途中でスーパーに寄ったら

ビールコーナーが

ぐちゃぐちゃびちょびちょで

 

大量に食料品を買い込んでる

家族たちの姿があった

 

そこから暫く

色んな物が買えなくなったよね

  

当時の彼女と

母親の安否確認を終えたら

 

行きつけだった接骨院に行って

呑気に漫画を読んでいた

 

家に着いたら

 

冷蔵庫の上のケトルが落下して

床が濡れており

 

アナログTVの上に飾っておいた

ガンダムの首が失くなってた

 

TVを点けてみたらば

あの衝撃的すぎる映像が・・・

 

氣付いたのは翌朝だったけど

 

安全装置が作動したらしく

ガスが止まっていた

 

翌日も会社に通常出勤したが

その日は結局営業しなかった

 

この地域では

計画停電が実施されて

 

交差点に立つ

明かりの点いていない信号機は

異様さを放っていた

 

ATMでお金を下ろせない時間帯が出て来たり

 

計画停電

当日その時間になるまで

 

やったりやらなかったり

曖昧なもので

 

会社の営業時間も不規則になり

不満の声を上げる者も居た

 

当時仲良しだった

派遣会社のSVを勤めてた

みきてぃが

 

みんなにその件で責められて

可哀想だった

 

みきてぃは全然

惡くないのにな

  

それから幾日かが経ち

被災地の方から電話があった

 

津波で全部流されちゃったから

商品の取説をもう一度買いたい」

 

この電話を受けてから

 

暫くの間

泪で電話に出られなくなってしまった

 

窓口運営上のルール違反だけど

自腹で送ってあげようかと悩んだりした

 

f:id:nozomyu:20180312161832j:plain

 

あの頃って

 

自然と人に優しい氣持ちになれた

 

だけど

いつの間にか少しづつ

 

俺は

それを忘れてしまっているように思う

 

昨日電話を切ったあと

 

こんな平穏な日常が

 

一瞬で壊れてしまう様な事もあるのだなと

 

そう頭をよぎった

 

だったら自分は

どんな風に生きよう?

 

おのずと視えてくるよね。